規制法によって守られたものと無くなったもの

出会い系サイト規制法は2003年に誕生した新しい法律です。
出来た頃にはこれによって様々な人が安心して出会い系サイトを使えるようになるだろうと考えられていましたが、どうも国の思惑と実際が乖離してしまい結局それほどの効果を上げなかったと言われることがあります。
また、時代の変化にも応じて後年法律が改正されることとなりました。

法改正で守られた出会い系サイト

法改正を行ったときとの最大の目玉は「出会い系サイトを利用する人に対して年齢確認を義務づけるということ」です。
それまではなんと出会い系サイトでの年齢確認は義務ではありませんでした。
そのため、法律改正後も出会い系サイトを運営するためには年齢確認を必ず実施しなければならないとされたのです。
この時法改正で守られた出会い系サイトはいわゆる有料出会い系サイトというところです。
年齢確認システムをすぐに導入できたのですね。

なくなってしまったサイト

ところが、この法改正でなくなってしまった出会い系サイトもいくつかあります。
その代表例はスタービーチです。
法改正がされるまでは無料で様々な人とと出会えるからといって携帯電話経由の利用者が非常に多い超人気の出会い系でした。
けれども、無料で運営していた以上法律改正後に有料にするわけにも行かずかといって年齢確認のシステムを導入するほどの余裕がないということから結果的に閉鎖に追い込まれてしまったのです。
法改正は私たちの安全な出会い系サイトの利用を応援してくれるものではありますが、法律の変化とビジネススタイルがマッチングせず結局消えてしまったサイトも多く存在したのです。

今後は安心できるサイトをさらに使っていこう

もう消えてしまったサイトを復活させることは出来ないわけですから、出会い系サイト規制法の範疇で営業できる出会い系サイトを積極的に使うことをオススメします。
もっとも、本当に出合いを求めているのであるならば無料の所よりも有料の所の方が確率は上がりますよ。

Filed under: 出会い系サイト規制法

Comments are closed.