出会い系サイト規制法とは一体何なのか?

出会い系サイトは実に多くの人に対し開かれた、様々なサービスが利用が出来る便利なサイトです。
実際にお金を支払って利用してみると、出逢を探すだけではなく人と人とのコミュニケーションを楽しむことが可能であるとわかりますね。

出会い系サイトを規制するために

誰でも利用できて、なおかつ様々なサービスがつけられている出会い系サイトだからこそ様々な規制がかけられています。
こうした規制は業者の自己判断に任せるわけにはいかず、最終的には国がちゃんとどこまではやっていいとか、ここからはやってはいけないとか、コレはやりなさいといった規制の法律を作るのです。
このような法律のことを通称「出会い系サイト規制法」とよびます。

出会い系サイト規制法の正体

出会い系サイト規制法とはあくまで通称で、正確な名前を「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。
とても長い名前ですが、何となくどのようなことを規制したいのかがわかりますね。
そう、子ども達を出会い系サイトの中に居る危険な人たちの手から守ろうとしているのです。

インターネット草創期に誕生

この法律は2003年に産声を上げたまだまだ新しい法律です。
誕生した頃にはまだ出会い系サイトを規制するような法律はありませんでした。
そのため、出会い系サイトが何でもやり放題というような側面を持ち合わせており事実子どもが巻き込まれる悲しい犯罪も後を絶たなかったのです。

法律を守るのはあくまで業者

この法律を守らなければならないのはあくまで業者の側です。
しかしこの法律の趣旨に照らしてみれば、私たち一般利用者も児童を守るという趣旨に関してはきちんと守らなければならないなということがわかるかと思います。
もしも、利用している最中に「コレはおかしいのではなかろうか」という違和感を感じたらすぐに運営側へ連絡を取っておきましょう。
何らかの対処をしてもらえるはずですよ。

Filed under: 出会い系サイト規制法

Comments are closed.