規制法によって守られたものと無くなったもの

Posted on 3月 1st, 2016

出会い系サイト規制法は2003年に誕生した新しい法律です。
出来た頃にはこれによって様々な人が安心して出会い系サイトを使えるようになるだろうと考えられていましたが、どうも国の思惑と実際が乖離してしまい結局それほどの効果を上げなかったと言われることがあります。
また、時代の変化にも応じて後年法律が改正されることとなりました。

法改正で守られた出会い系サイト

法改正を行ったときとの最大の目玉は「出会い系サイトを利用する人に対して年齢確認を義務づけるということ」です。
それまではなんと出会い系サイトでの年齢確認は義務ではありませんでした。
そのため、法律改正後も出会い系サイトを運営するためには年齢確認を必ず実施しなければならないとされたのです。
この時法改正で守られた出会い系サイトはいわゆる有料出会い系サイトというところです。
年齢確認システムをすぐに導入できたのですね。

なくなってしまったサイト

ところが、この法改正でなくなってしまった出会い系サイトもいくつかあります。
その代表例はスタービーチです。
法改正がされるまでは無料で様々な人とと出会えるからといって携帯電話経由の利用者が非常に多い超人気の出会い系でした。
けれども、無料で運営していた以上法律改正後に有料にするわけにも行かずかといって年齢確認のシステムを導入するほどの余裕がないということから結果的に閉鎖に追い込まれてしまったのです。
法改正は私たちの安全な出会い系サイトの利用を応援してくれるものではありますが、法律の変化とビジネススタイルがマッチングせず結局消えてしまったサイトも多く存在したのです。

今後は安心できるサイトをさらに使っていこう

もう消えてしまったサイトを復活させることは出来ないわけですから、出会い系サイト規制法の範疇で営業できる出会い系サイトを積極的に使うことをオススメします。
もっとも、本当に出合いを求めているのであるならば無料の所よりも有料の所の方が確率は上がりますよ。

Filed under: 出会い系サイト規制法 | 規制法によって守られたものと無くなったもの はコメントを受け付けていません。

出会い系サイト規制法の施行前と施行後の変化

Posted on 2月 28th, 2016

出会い系サイト規制法は、出会い系サイトを運営する業者が必ず守らなければならないルールであります。
この法律をないがしろにしてしまったばっかりに、せっかくたくさんの人が利用していた出会い系サイトを閉鎖にまで持ち込んでしまってはもったいないことです。

法律ができる前は一体どうなっていたの?

そもそも、この法律が出来る前までは出会い系サイトを取り締まるようなものがありませんでした。
恋愛というのは元々自由に行うべきものであり、出会いの場所だって国で規制するような物ではないからです。
ところが、出会い系サイトに性的な目的すなわち売春をしようと登録し未成年の子ども達を捕まえて様々なあらぬ事をする人が現れたのです。
これでは子ども達の権利や将来を守ってあげることが出来ませんね。

法律を作ってから

出会い系サイト規制法が出来てからは、性的な目的で未成年を捕まえようとする人に対し非常に厳しい措置がとられるようになりました。
ところが、刑罰規定を色々設けてみたはいいものの利用者側に未成年者が登録しなくなると言うことはありませんでした。
業者側にしか刑罰がないからです。

法改正でより厳しく

こうして、出会い系サイトが生まれてからしばらく経過した後いよいよ法律を改正することとなりました。
皆さんもよくご存じのように今の出会い系サイトは年齢認証を必ずしなければなりません。
実はこの制度も、法改正の時に義務づけられたのです。
業者側にとってみたら、年齢確認をするだけのシステムを用意しなければなりません。
スタービーチのような無料でサービスを提供していた業者にとってみたら、たまったものではない。
こうした背景もあってスタービーチは姿を消してしまったのです。

法律は新しくなるもの

出会い系サイト規制法はまだまだ完璧につくられているわけではありません。
時代の流れに応じて今後も様々な改正が加わっていくことでしょう。
もしかしたらそのときに今まで使っていた出会い系サイトが閉鎖されてしまうかも知れません。

Filed under: 出会い系サイト規制法 | 出会い系サイト規制法の施行前と施行後の変化 はコメントを受け付けていません。

出会い系サイト規制法とは一体何なのか?

Posted on 2月 26th, 2016

出会い系サイトは実に多くの人に対し開かれた、様々なサービスが利用が出来る便利なサイトです。
実際にお金を支払って利用してみると、出逢を探すだけではなく人と人とのコミュニケーションを楽しむことが可能であるとわかりますね。

出会い系サイトを規制するために

誰でも利用できて、なおかつ様々なサービスがつけられている出会い系サイトだからこそ様々な規制がかけられています。
こうした規制は業者の自己判断に任せるわけにはいかず、最終的には国がちゃんとどこまではやっていいとか、ここからはやってはいけないとか、コレはやりなさいといった規制の法律を作るのです。
このような法律のことを通称「出会い系サイト規制法」とよびます。

出会い系サイト規制法の正体

出会い系サイト規制法とはあくまで通称で、正確な名前を「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」といいます。
とても長い名前ですが、何となくどのようなことを規制したいのかがわかりますね。
そう、子ども達を出会い系サイトの中に居る危険な人たちの手から守ろうとしているのです。

インターネット草創期に誕生

この法律は2003年に産声を上げたまだまだ新しい法律です。
誕生した頃にはまだ出会い系サイトを規制するような法律はありませんでした。
そのため、出会い系サイトが何でもやり放題というような側面を持ち合わせており事実子どもが巻き込まれる悲しい犯罪も後を絶たなかったのです。

法律を守るのはあくまで業者

この法律を守らなければならないのはあくまで業者の側です。
しかしこの法律の趣旨に照らしてみれば、私たち一般利用者も児童を守るという趣旨に関してはきちんと守らなければならないなということがわかるかと思います。
もしも、利用している最中に「コレはおかしいのではなかろうか」という違和感を感じたらすぐに運営側へ連絡を取っておきましょう。
何らかの対処をしてもらえるはずですよ。

Filed under: 出会い系サイト規制法 | 出会い系サイト規制法とは一体何なのか? はコメントを受け付けていません。