出会い系サイト規制法による出会い環境の変化

日本は法治国家であります。
何か悪いことをしたとしても「罪刑法定主義」と呼ばれる法律の定めに従って処理されます。
あなた自身の中では「コレは悪いことであり、自分は罰せられるべきなのではないか」と思っていたとしても法律にその定めがなければ誰もあなたのことを裁くことが出来ません。

法律によって規制される業界

JK法律は人を裁くためだけに存在するわけではなく、人と人との関係を規律するためにも使われる物です。
特に業界を取り締まる法律はある特定の業界においては非常に大きな意味を持ちます。
たとえば、鉄道営業法という法律は鉄道業では絶対に守らなければならない法律です。
このように、規制がかけられているような業界では法律を守ることが何よりも優先されるのです。

出会い系も同じ

男性と女性が出会うために使われる出会い系にも、業界を規制するための法律が存在します。
詳しい説明は後述するとして、このような法律があるからこそ出会い系サイトはちゃんと営業していられるのです。
もしもこの法律がなかったとしたら、そもそも出会い系サイトを運営する業者はなんたるかを定義づけることが出来ず誰にも規制することが出来なくなってしまうのです。

それほど古い法律ではない

この法律自体はそれほど昔に作られたわけではありません。
考えてみるとほんの30年くらい前までには、コンピューターという物が世間一般にはそれほど普及していませんでした。
インターネットだって今ほど世界中に広がっていたわけでもなければ、技術が発達していたわけでもありません。
出会い系サイトも最近になって生まれた業界であり、規制する法律というのは往々にして業界が誕生して数年後に作られるわけですから、この法律もそれほど古いわけではないのです。

現在の当たり前を作った

こうした法律が作られた背景には、スタービーチのような出会い系サイト(当時はスタービーチは無料出会い系サイトの認識が強かった)の代名詞的存在があったからこそです。
現在では当たり前に出会い系サイトで行われていることが、法律によって規制されており現在の当たり前は法律が出来る前までは当たり前でなかったのです。

法律を知ることも重要

出会い系サイトを使うにもかかわらず、全くその業界の法律について知らないというのでは少し寂しい物です。
利用する前に規制する法律とはいかなる物かを勉強しておくと、サイトを読んでいても「コレってあの法律があるから必要なのか」と合点がいくことも多くなるかと思いますよ。

Comments are closed.